主夫

思いもよらない貴重な時間

スクールホリデー。4学期制のニュージーランドの学校では、12-1月の夏休み以外に、各学期間に2週間の休みが計3回あります。

これまでのスクールホリデーは、妻や上の子たちが家にいたので「末っ子の面倒を看る」のは私の仕事ではありませんでした。それが主夫になったことから、私にその役目がわまってきた。

週末を除くとあと数日で終わるスクールホリデー。その間に感じた息子との関わりについてまとめてみます。

休みの過ごし方

ニュージーランドの学校では、基本的に休み中の宿題はありません。完全にリラックスして、別の言い方だとダラダラと過ごせる期間です。

しかし我が家では毎日、30分から1時間程度の算数や日本語の課題が用意されています。息子は、仕方なさそうにやる日もあれば、機嫌よくぱっぱと終わらせることもあります。残りの時間は、読書、YouTube、ゲームなどで過ごす。外で運動よりも家で過ごすのが好きな子。

思いがけない外出

ずっと家にいるのも不健康に思えるので、散歩にでも連れ出そうと声をかけるんですが行かないの一点張り。私も同じように家にこもる派なので、無理強いはせず一日中家で過ごすことがほとんどです。

しかし先日、運良く彼も外出しなきゃならない状況になりました。日本から私の友人がオークランドに来たので、私が彼らに会うためです。ニュージーランドでは法律によって、14才未満の子は一人で留守番できないので。

ニュージーランド 14歳未満の子の留守番はダメ!ニュージーランドでは14歳未満の子どもだけでの留守番は法律で禁止されています。生活に慣れる前の移住当初に家族それぞれが苦労したことや、現地の人がどう対処しているのかを紹介します。...

そのために友人との昼食とオークランド観光に息子も連れて行きました。

息子との時間

車での移動。彼の座る位置は、いつも後部座席。しかし友人を乗せる都合で、その時は助手席に座った。

私は、ここで何となくいつもとは違う雰囲気を感じました。運転中にチラチラと視界に入る彼の印象が、何となくそれまでとは違う。

通学や通勤時の車内は私にとっての個室だったし、買い物に出かけるときは妻との空間。しかし、普段とは違う彼との距離感から、車内がそれまでに記憶のない、なんとなく居心地のいい場所になっていた。

後部座席の友人に気を遣って、いつもより緊張して話している彼の姿が、思春期に入りたての男の子のように見えたのか。はっきりと理由はわからないけど。

動物園に連れ出す

そのフワッとした心地よさから、彼と二人で動物園に行くことにした。

二人で歩いて園内を見て回るそこには、屋外だけどプライベートな空間ができあがる。でもやっぱり周りの目があるのは確かなので、自宅や車内のようなリラックスできるスペースとは違う。彼はなんとなく落ちつかない様子で、動物をゆっくり見るよりも歩く。歩きながら話す。

彼は、あー言えばこー言うタイプで、最近は反抗期に片足入れかかってきてもいるので、動物園は楽しいんだけどちょっと仏頂面。私がゆっくり動物を見ようとすると、「はいはい、つぎ行こ」と言って移動。

それでも途中アイスクリームを美味しそうに食べてからは、気分は少し上向きになっていた。

そんなこんなで二時間近く歩き回ったかな。疲れて機嫌が悪くなるかと思ったけど、そんなことはなかった。かと言ってご機嫌というわけでもなく。でも会話はずっと続いていた。

それでも私は、彼と二人の時間を正体不明の心地よさと楽しく過ごせた。

心地よさの正体は何か

私は、子どものころの家族との会話の記憶があまりない。家族に自分のことを話すのが恥ずかしかったので、学校での出来事やアレが好きコレが好きという話をしたことはなかった。中学生になって自分の部屋ができてからは、食事以外は自分の部屋で過ごしていたし。反抗期になってからは、なおさら家族と話さなくなった。別に親兄弟が嫌いというわけではなかったけど。

そんな私とは正反対に、彼はよく話す。食事中も自分の話す番が来るのをうずうずして待っている。よく歌ったり踊ったりもしている。人生の半分をニュージーランドで過ごしているからか、ハグするのも求めるのも自然に自分の感情を表に出しているし。

私が持ち合わせてないけどなりたいと思う、自分の気持ちを素直に表現する姿を彼から感じ取れるから、彼との時間を心地良く感じたんだろうか。彼の成長を認識できたような感じか。その正体がハッキリとはわからないけど、こういう時間っていいなと思った。

私は意識散漫なので、一つのことを集中的に考えたり、ちょっとした違いに気づいたりするのが苦手。しかし主夫になって一人の時間が増えたり、ブログを書くようになって自分の気持ちを深く考えるようになっているおかげで、このように子どもとの関係を考ることができているのかも。

2週間ずっと子どもと過ごさなければならないスクールホリデーはどうなるのかと思っていたけど、思いがけない貴重な時間を過ごせている。

ABOUT ME
やすたた
やすたた
40歳過ぎてから子ども3人連れてニュージーランドに移住。約5年かけて永住権取得。 長い間ぼんやりと頭の片隅にあった想いを実現したくてオンラインの世界へ。
ブログランキング参加中

みなさんのクリックがブログ運営の励みになります

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ にほんブログ村 家族ブログ 主夫へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代の生き方へ PVアクセスランキング にほんブログ村