ニュージーランド移住

ニュージーランドへ家族で移住 2019年永住権取得 5年間の軌跡 タイムライン

ニュージーランドへの移住に興味があるけど、永住権取得までの過程が分からない/想像できないって人、きっといると思います。なぜなら私がそうでしたから。

私はいざ「移住する!」と決心したものの、勢いのわりには永住権を手にするまでの具体的な道のり(ビザ、学校、仕事探しなど)がいまいち思い浮かびませんでした。海外生活が初めてのことだし、移住に向けての準備、日本を離れてから目標の永住権取得までの過程は年単位の長い計画になるので。

移住留学エージェントに任せっきりで計画をしっかり理解していなかったり、始めの計画があいまい過ぎると、その後に余計に時間や金がかかったり、最悪の場合は軌道修正できずに志半ばにして日本に帰国しないといけなくなるかもしれません。

でも安心してください。一つの例として、永住権取得までに日本を離れてから約5年、考え始めてからは約6年かかった我が家の軌跡を簡単に紹介します。

この記事を読めば

永住権取得までの具体的な道のりがイメージできるので、自分の計画を立てる際の参考になる

ニュージーランドの永住権取得までの軌跡

永住権取得までのタイムライン
  • 2013.6
    ニュージーランド関連のオフ会に参加
    独りでオフ会に参加。永住者から話を聞いて、思いのほか海外移住って難しくないんじゃないかと意識が変わる。妻と移住について考え始める
  • 2013.12
    ニュージーランド移住を報告
    子どもたち、私と妻の両親にニュージーランドに移住することを報告(相談ではなく決定事項の報告)
  • 2014.1
    渡航資金調達
    不用品の処分と渡航費捻出のためにヤフオクを始める
  • 2014.4
    渡航費確保
    ヤフオクでの売り上げと友人や近所の人たちへの冷蔵庫やエアコンなど大物売却で渡航費を補う
  • 2014.5
    日本を離れる
    ニュージーランドへ家族5人で移住。全員ビジタービザで入国
  • 2014.6
    住まい探し
    2週間のホテル暮らしを経て住まいを見つける。語学学校へ通うためビザ更新(1回目)私と子どもたち:学生 / 妻:ガーディアン
  • 2014.7
    学校始まる
    私は語学学校へ。子どもたちは留学生扱いで地元校へ通い始める
  • 2014.10
    IELTS受験
    次に通う専門学校の入学基準を満たすためにIELTS受験
  • 2014.12
    語学学校終了
    専門学校のためにビザ更新(2回目)私と子どもたち:学生 / 妻:オープンワーク
  • 2015.2
    専門学校スタート
    3年間の学生生活スタート。子どもたちは地元生扱いになったので留学生料金の返金。妻はジャパレスでウェイトレスとして働き始める
  • 2015.11
    妻の転職
    妻が友人の経営する学校で事務職として働き始める
  • 2016.1
    恒例のビザ更新
    専門学校2年目のためのビザ更新(3回目)私と子どもたち:学生 / 妻:オープンワーク
  • 2017.1
    恒例のビザ更新
    専門学校3年目のためのビザ更新(4回目)私と子どもたち:学生 / 妻:オープンワーク
  • 2017.12
    専門学校卒業
    3年間の学生生活が無事終了。
  • 2018.2
    プランBの模索
    当初のプランAでの永住権取得が難しそうなので、プランBを求めてアドバイザーに相談。私のオープンワーク取得のためビザ更新(5回目)私と妻:オープンワーク / 子どもたち:学生
  • 2018.4
    私、働き始める
  • 2018.6
    妻、転職
  • 2018.7
    EOI提出
    Skilled Migrant Categoryで永住権申請のためEOI(Expression Of Interest)提出
  • 2018.8
    ITA受理
    5週間待ちでITA(Invitaion To Apply)を受け取る
  • 2018.9
    本審査へ
    永住権本申請のための全書類提出
  • 2019.1
    恒例のビザ更新
    ビザ更新(6回目)私と妻:オープンワーク / 子どもたち:学生
  • 2019.2
    オフィサー決定
    5か月ほど待ってやっとオフィサーが決まる。追加で求められた書類を提出
  • 2019.4
    念願の永住権取得!

まとめてみると色んなことがあった6年だった気づく。いくつかポイントを挙げると

  • 思い切ってオフ会に参加したことで海外移住を意識し始める
  • 元の計画は、私の専門学校は1年、その間の子どもたちは留学生扱い。しかし移住エージェントの紹介で、3年の専門学校で子どもたち地元生扱いになる方法を提案してもらった。子どもたちの教育のことも考えての移住だったので、できるだけ長く、確実に滞在できる3年の専門学校を選んだ
  • 懸念していた専門学校へ通う3年間での永住権申請要件変更が現実に。それでも長くニュージーランドで暮らしてきたおかげで、プランBでも永住権を申請できた

さいごに

あくまでも一例として我が家のケースを紹介しました。その時々の移民法、家族構成、これまでの経歴、資金などさまざまな条件で永住権への道のりは変わってきます

ニュージーランド移住に関する情報はインターネット上にたくさんあります。しかし、法律が変わればそういった情報は誤った情報にもなり得ます。計画を立てる際には移民局ウェブサイトで最新のルールを確認しましょう。不安や不明な点があれば、移民アドバイザーや移民弁護士といった専門家への相談もおすすめします。

【連載記事9本まとめページ】永住権取得までの軌跡 詳しく紹介ニュースレターで紹介してもらっているニュージーランドの永住権取得に関する連載記事を読みやすいようにまとめて紹介しています。また、その他のおすすめ記事へもアクセスしてください。...
40代からの子連れ家族での海外移住 ニュージーランド40歳過ぎてから三人の子どもたちを連れて家族でニュージーランドに移住した理由は?どうして海外移住なの?どうしてニュージーランドなの?無難な40年を歩んできた私が、なぜ家族でニュージーランドに移住したのか。家族、仕事、年齢などで同じように悩む方へ向けた記事です。...
ABOUT ME
やすたた
やすたた
40歳過ぎてから子ども3人連れてニュージーランドに移住。約5年かけて永住権取得。 長い間ぼんやりと頭の片隅にあった想いを実現したくてオンラインの世界へ。
ブログランキング参加中

みなさんのクリックがブログ運営の励みになります

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ にほんブログ村 家族ブログ 主夫へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代の生き方へ PVアクセスランキング にほんブログ村