ニュージーランド暮らし

ニュージーランドの祝日 日本にはない注意点も

ニュージーランドにも日本と同じように祝日はあります。しかしその数は、年間たったの10日。かたや2019年の日本の振替休日を含む祝日は22日(いこーよ より)。その差なんと12日!

ニュージーランドは休みが多いという印象がある人は多いと思います。確かに会社勤めしている人の有給休暇や病気休暇などは日本と比べると充実していて、かつ使いやすいです。Sick leave (病気休暇) 日本にも導入してよ もどうぞ

Sick leave (病気休暇) 日本にも導入してよニュージーランドで働き始めてから初めて子どもが病気のために休まなくてはいけなくなり、Sick leave(病気休暇)を使った。 こ...

しかし祝日は日本の半分しかありません。しかも日本にはない仕組みもあるので、観光でニュージーランドに来る際には注意が必要です。

そこでこの記事では

  • ニュージーランドの10の祝日
  • 日本とは違う祝日の注意点

を紹介します。

ニュージーランドにはどんな祝日があるのか

まずはどんな祝日があるのかを見て行きましょう。意図的なのかわ分かりませんが、1月~4月や12月といった過ごしやすい時期に集中しています。

1月1日 New Year’s Day
1月2日 Day after New Year’s Day
2月6日 Waitangi Day
4月19日 ※ Good Friday
4月22日 ※ Easter Monday
4月25日 Anzac Day
6月3日 ※ Queen’s Birthday
10月28日 ※ Labour Day
12月25日 Christmas Day
12月26日 Boxing Day

※2019年版です。年によって日が違います(後述あり)。

New Year’s Day、Day after New Year’s Day

新年の始まりを祝う日。

しかし日本の正月とはだいぶ様子が違います。なぜなら正月前のクリスマスのほうが断然重要度が高く、正月は全く特別な感じがないので。日本では大晦日から正月三が日は一大イベントですけど、ニュージーランドでは普段とあまり変わりません。オークランドでは大晦日のカウントダウンから年が明けたときに、中心地にあるスカイタワーで花火が上がる程度。

Waitangi Day

ワイタンギ デー。イギリスと先住民であるマオリとの間に結ばれたワイタンギ条約締結を祝う日。

ワイタンギ条約(ワイタンギじょうやく、Treaty of Waitangi, マオリ語: Te Tiriti o Waitangi)とは1840年2月6日、ニュージーランド北島ワイタンギにおいて、当時武力衝突が絶えなかった先住民族マオリ族とイギリス王権との間で締結された条約のこと。

ウィキペディア ワイタンギ条約

Good Friday

Easter(復活祭)前の金曜日。イエス・キリストが十字架にかけられて亡くなった日。伝統的には断食や懺悔に充てられる。

Good Friday から Easter Monday は週末をはさんでの4連休。過ごしやすい時期なので旅行にでかけたり、家族とのんびり過ごす人が多い。

Easter Monday

復活祭。イエス・キリストの十字架での死後三日目の復活を祝う日。

イースターは以下のルールに沿うので毎年変わります
春分のあとの、初めの満月以降の、最初の日曜日(ちょっとわかりづらいですね)

教育機関ではEaster Tuesdayで火曜日も休みです

Anzac Day

戦争や紛争で亡くなった人や帰還した人たちに思いをはせる日。

第一次世界大戦中の1915年に、ニュージーランドとオーストラリアの軍が現トルコのガリポリ半島に上陸した日に端を発する。子どもたちが通う学校やニュースでも第一次世界大戦に従軍した人たちへの追悼式が多い。このことから、ニュージーランドでは第二次世界大戦よりも第一次世界大戦への慰霊に重きを置いている印象。

第二次世界大戦の終戦記念日である8月15日に多くの追悼式典が行われる日本とは違いますね。

Queen’s Birthday

クイーン、つまりイギリスのエリザベス女王の誕生を祝う日。

しかし彼女の本当の誕生日は4月21日。女王は、本当の誕生日には家族と過ごす。そのために祝賀パレードなどのイベントは、別に設定されている Queen’s Birthday に行われる。

ニュージーランドでは6月の第一月曜日

Labour Day

かつての8時間労働制を得るための苦労を振り返る日。

4か月以上の祝日がない期間を経ての連休で、かつ夏に向けて暖かくなってきている時期なので、家族でのんびり過ごしたり短い旅行に行く人もいる。

10月の第四月曜日

Christmas Day

言わずと知れたクリスマス。ニュージーランドでは家族や親戚と過ごす日。

一年のうち重要度は一番高い祝日。日本の大晦日から正月にかけてのようなもの。ただしスーパーマーケットは営業しておらず、他の多くの商店も閉まっているため街は静か。クリスマスを境に長期休暇に入る人も多い。

Boxing Day

スポーツのボクシングとは関係ない。Boxing は箱に何かを入れること。起源は、領主がクリスマスにも働いた召使いに贈り物や金、クリスマスの残り物の食事を箱に詰めて渡したことに由来する

この日はたくさんの店でBoxing Dayセール、大安売りがある。

要注意!日本にはない祝日の決まり

ニュージーランドの一部の祝日では、日本にはない制度があります。観光でニュージーランドに来る人は気をつけましょう。

営業禁止

Good Friday、Easter Sunday、Christmas Dayの3日は終日、Anzac Dayは午後1時までの半日、ショッピングモールやスーパーマーケットなどは営業してはいけません。

ニュージーランドで暮らして初めてのGood Friday。そうは言っても開いてる店もあるだろうと何店かまわったけど、本当にどこのスーパーマーケットも閉まってて驚きました。

営業できない店は、地域によって違いがあります。より詳しい情報は Restricted shop trading days  を見てください。

超過料金がかかる

ニュージーランドでは祝日に働く労働者の給与は1.5倍になります。

そのために祝日には通常の料金に15%の超過料金を課す店もあります。店先やレジに書かれてはいますが、知らないとなかなか気づきません。

そのことを知らずに家族でカフェで食事して超過料金を払った苦い経験がありました。家族5人だと15%でもそれなりの金額になるので、もう祝日にはカフェに行きたくないです。

さいごに

日本の法律では、祝日に営業を禁止するなんてないですよね。しかしニュージーランドでは年に特定の3日半だけですけど、ショッピングモールやスーパーマーケットなどは営業できません。観光でニュージーランドを訪れる人は気をつけましょう。

店が閉まっているおかげでそれらで働く人たちは家族や友人と過ごせます。社会全体も何となくのんびりとした感じがして悪くないです。日本で暮らしてるときは、365日24時間営業しているコンビニが当たり前だったけど、どこかせわしない感じもあったので。

ABOUT ME
やすたた
やすたた
40歳過ぎてから子ども3人連れてニュージーランドに移住。約5年かけて永住権取得。 長い間ぼんやりと頭の片隅にあった想いを実現したくてオンラインの世界へ。
ブログランキング参加中

みなさんのクリックがブログ運営の励みになります

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ にほんブログ村 家族ブログ 主夫へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代の生き方へ PVアクセスランキング にほんブログ村