ニュージーランド暮らし

ニュージーランド 家探し ライバルの一歩先を行く方法

ニュージーランドの賃貸住宅事情。高い!のほかに、貸主の都合で「出て行って」と言われることが珍しくありません(法律で事前通行日数の規定はあります)。

そうは言っても新しい家を探すのも、引っ越すのも、それに伴ういろんな手続きも全てが面倒。さらに「いいな~」と思う物件は競合多数。簡単に引越し先が見つかるわけではないんです。

今回は、そんなときにライバルたちから頭一つ抜け出す方法を紹介します。ニュージーランドでの二件目以降の家探しの人は必見です。最初の家探しには全く同じ方法は使えないですけど、借家探しの参考になるのでぜひ読み進めてください。

賢くライバルの一歩先を行こう

子どもの学校から近い、日当たりがいい、バス停が目の前、家賃が手ごろ。などなど物件を気に入る条件はさまざま。

でもその物件を気に入るのは、当然あなたたけじゃないです。そういう人気物件には多くの場合、短い時間の内覧にはたくさんの人がいて、その全員がライバルです

だからといって彼らを厳しい目つきでにらめつけてはいけません。必要なのはライバルから頭一つ抜け出す方法です。

どうやってライバルの先を行くか

あなたが家を貸す立場だったらどういう人に貸したいですか

家賃を滞納せずに払ってくれる人。家をきれいに大切に使ってくれる人。隣近所に迷惑をかけない人。

家賃は大切な収入ですし、家はかけがえのない資産ですから、そういったしっかりした人に貸したいですよね。

では、自分が良い借り手だとどうやって貸主に伝えましょうか。

ここでものを言うのが、人とのつながりです。

仕事探しのときもそうですが、ニュージーランドでは人とのつながりがとても重要です。友人を通して求人に応募できれば最初の難関の CV 審査をパスできたり、表に出ていない求人に応募できたりします。

家探しでも同じです。大切な資産を使ってほしい人を探している貸主に、第三者を通じていかに自分がいい借主かを伝えられればライバルを出し抜くことができます。

【体験談】 ニュージーランド 永住権に続く仕事探しニュージーランドの就活で大切なことの一つに人とのつながりがあります。この記事は、私の妻がニュージーランドに来てから築いた交友関係から、驚きの展開で仕事を手に入れた体験談です。...

実例を紹介

ではどれだけ自分がいい借主かを伝える方法を、我が家を例に紹介します。

私たちが最初の家を借りてから1年くらいたった頃に、不動産屋から「オーナーが家を売るので出て行ってもらうかもしれない。新しいオーナーがあなたたちに貸し出さなければね」と言われました。

その家は、手ごろな家賃で、子どもたちの学校にも近かったので、新しいオーナーが決まるまで住み続けることにしました。しかし数ヶ月の売り出し期間経て、最終的にはその家を出なくてはいけなくなりました。次の住まい探しの開始です。

そんな時に元オーナーが手紙をくれました。私たちがいい借り手であったことを推薦する以下の手紙です。

XX and her family have been renting a townhouse from us since June 2014. The reason for us giving them notice is that we have sold the property.

Their rent payment was always paid on time, they have been an absolute pleasure to have as tenants. They have kept the property tidy and they were incredibly helpful while marketing the property for sale. They have kept the house in an immaculate condition.

I would highly recommend them as tenants.

Feel free to call me to discuss this further.

当時、私は学生で妻がパートタイムで働いていました。充分な蓄えはありましたが、貸主としてはまともな収入がない外国人に家を貸すのをちゅうちょするのも理解できます。

でも申し込み時に上の手紙を添えたことで、すんなりと新しい物件を借りることができました。

第三者である元オーナーが、私たちがどんなテナントだったのかを証明してくれたおかげです。とても助かりました。

さいごに

このように誰かの推薦や紹介が物事を後押ししてくれることが多いですね。Facebookの地域のグループにも、芝刈り屋や配管工を紹介して!って投稿をよく見るし。

ニュージーランドでは不動産価格が高騰しているため、貸出物件が少ないです。ですので家探しでは、たくさん競争相手の中から選ばれないといけません。そんなときに多くのライバルより一歩先に行ければ、希望の物件に近づけます。

私の例は、二件目以降の家探しで、かつ貸主といい関係が築けていたことが前提ですけど、同じように何らかの推薦がもらえればとても効果があると思います。

ABOUT ME
やすたた
やすたた
40歳過ぎてから子ども3人連れてニュージーランドに移住。約5年かけて永住権取得。 長い間ぼんやりと頭の片隅にあった想いを実現したくてオンラインの世界へ。
ブログランキング参加中

みなさんのクリックがブログ運営の励みになります

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ にほんブログ村 家族ブログ 主夫へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代の生き方へ PVアクセスランキング にほんブログ村