ニュージーランド暮らし

多国籍な人たちが暮らすニュージーランドの最大都市オークランド

オークランドでの暮らしは6年目。日々の生活の中で「いろんな国の人がいる」のがすっかりと当たり前になっている。

どれだけ多国籍かをざっと挙げてみると
ヨーロピアン系の人、マオリ、アイランダー(トンガやサモアなどの南太平洋の島の人)、インド人、東アジアの人(中国、韓国、日本)、東南アジアの人などなど

これだけ多国籍な人たちが暮らす社会で日本人は少数派ですけど、不思議と 自分がマイノリティって感じがしない。白い絵の具のパレットにポツンと一色だけあるとその色は目立つけど、いろんな色がポツポツとたくさんあると各色が目立たなくなる。そんな感じかな。

そんなことを考えていたらニュージーランドで生まれた赤ちゃん(海外で暮らすニュージーランド人の赤ちゃん含む)の名字に関するデータに出会った。

そこでこの記事では、そのデータから実情と日常的に感じている印象や見聞きしている話にどれだけ違いがあるのか探ってみました。

名字から見るここ20年の変化

まず、見つけたデータというのはコレ Top twenty New Zealand Surnames

データは、1913、1963、1988、2003、2013年のニュージーランド全体と最大都市オークランド、首都のウェリントン、南島の最大都市クライストチャーチの各都市における生まれた赤ちゃんの名字トップ20

このデータを基に以下のこれからの話を進めます。※1963年は、傾向に大きな違いがないため削除しています

ニュージーランド全土

2003年の9位にLee(中国)が、15位にSingh(インド)が登場しています。この辺りから世界の人口第一位と第二位の中国やインドからの移民が増えてきたということでしょう。

2013年には7位にSingh、8位にWang(中国)をはじめとして、8個もの非ヨーロピアン系の姓が現れてきました。2003年からの10年間で中国とインドからの移民が激増したことが明らかです。2017年辺りから移民法が厳しくなったの背景には、こういった事情が関係しているのかもしれませんね。

1913 1988 2003 2013
1 Smith Smith Smith Smith
2 Wilson Williams Williams Wilson
3 Brown Wilson Wilson Williams
4 Taylor Taylor Brown Brown
5 Jones Brown Taylor Taylor
6 Williams Jones Jones Jones
7 Anderson Thompson Thompson Singh
8 Thompson Walker Anderson Wang
9 Campbell Anderson Lee Anderson
10 Johnson King Harris Li
11 King White Edwards Thompson
12 Clark Campbell King Walker
13 Scott Johnson Walker Lee
14 Thomas Martin Martin Chen
15 Walker Scott Singh Patel
16 Martin Harris Campbell Zhang
17 Stewart Thomas Johnson Martin
18 Wright Hall Robinson King
19 Thomson Stewart Thomas Harris
20 White Clark White Kumar
Leeは中国とアイルランドで使われる名字だそうですが、この場合は中国と考えるのが妥当でしょう

久しぶりにIELTSのWriting Task1を解いているようで楽しい。でもWritingでは客観的にデータから読み取れることだけ書きましょう。データから推測して自分の予測を書いちゃダメですよ。

オークランド

オークランドでは、2003年に1位がLeeとなり、かつ半数の10個が非ヨーロピアン系の姓になっていました。中国とインドに加えて韓国(Kim)からの移民も増えていました。

2013年には実に75%にあたる15個が非ヨーロピアン系です。赤ちゃんの名前をもとにした数字なので住民数とは違いますが、ここに含まれていない留学生や仕事で一時的にオークランドに滞在している人も含めると、かなりの非ヨーロピアン系の人がオークランドで暮らしてると考えられます。日本人の私がマイノリティと感じないのも間違った感覚ではないようです。

1913 1988 2003 2013
1 Jones Smith Lee Wang
2 Smith Williams Smith Li
3 Taylor Taylor Williams Chen
4 Wilson Jones Brown Liu
5 Reid Wilson Chen Smith
6 Thompson Brown Li Zhang
7 Brown King Patel Lee
8 Edwards Patel Zhang Patel
9 Mills Thompson Kim Huang
10 Murray Walker Wang Singh
11 Phillips Anderson Jones Taylor
12 Shepherd Stewart Wilson Wilson
13 Stewart Thomas Huang Jones
14 Armstrong Harris Hall Brown
15 Bennett Johnson Taylor Wu
16 Carter Shaw Liu Yang
17 Donovan Green Campbell Wong
18 Greenwood Simpson Walker Xu
19 Hodgson Bell King Kim
20 Hogan Martin Lin Zhou

ウェリントン

ビックリするほオークランドと違いますね。2013年でも非ヨーロピアン系の名前は3位にPatelが入っているだけです。ウェリントンはオークランドと比べてヨーロピアン系の人が多いとは聞いていましたが、赤ちゃんの姓から見るとまさにそのとおりです。

1913 1988 2003 2013
1 Smith Smith Smith Smith
2 Brown Thompson Williams Williams
3 Williams Wilson Brown Patel
4 King Williams Jones Brown
5 Taylor Campbell Taylor Jones
6 Wilson Brown King Taylor
7 Reid Jones Wilson Wilson
8 Richardson Johnson Edwards Robinson
9 Robertson Martin Campbell Johnson
10 Ward Patel Gray Anderson
11 Collins Anderson Ferguson Campbell
12 Hill Cook Johnson Harris
13 Johnson Ward Martin Johnston
14 Jones Clarke Simpson Mitchell
15 Parker Henderson Davis Thomson
16 Stewart James Henderson White
17 Bennett Stewart Scott Young
18 Campbell Tan Ward Baker
19 Holmes Taylor White Collins
20 Murphy Thomas Wright Fraser

クライストチャーチ

クライストチャーチは、オークランドとウェリントンの中間ですね。2003年にはLeeがランクインしていただけでしたが、2013年には4個に増えています。しかも全て中国系です。オークランドとウェリントンとは違い、インド人の名字が一つもないのは特徴ですね。

理由はどんなことが考えられるでしょうか。2011年の地震でオークランドに移った人が多いと聞いています。ですので、中国系が増えたと言うよりも、非ヨーロピアン系が減ったのが理由かもしれません。

1913 1988 2003 2013
1 Smith Smith Smith Smith
2 Jones Wilson Wilson Taylor
3 Rutherford Williams Brown Brown
4 Taylor Taylor Williams Jones
5 Wilson Brown Taylor Wilson
6 Wright Campbell Thomas Williams
7 Cooper Thomas Scott King
8 Cox Wright Moore Li
9 Duncan Anderson Harris Harris
10 Hart Harris Anderson Mitchell
11 Henderson Jones Jones Robinson
12 Roberts Moore Lee Scott
13 Thomas Robertson Robertson Zhang
14 Watson Scott Watson Thompson
15 Williams Ward Hill Young
16 Adams King Johnson Lee
17 Allan McDonald Stewart Wang
18 Allard Mitchell Thompson Johnson
19 Bennett Walker Ward Martin
20 Boone Davies Young Thomson

多国籍を感じるエピソード

以前家族でこんなゲームをして驚いたことがありました。

やすたた
やすたた
周りの人の国籍をだれが一番多く言えるか

どれくらい出たと思いますか。ザっと出ただけ30か国くらいあったんです。中には日本で暮らしていたら接点がないような国もありました。

例えばアイランダーと呼ばれているトンガやサモア。ニュージーランドに来る前は名前を聞いたことくらいはあったけど全く接点はありませんでした。しかしニュージーランドから近いこともあり、オークランドにはたくさん暮らしています。子どもたちが通う学校にもたくさんいますし、私の専門学校の一番の友人もサモア人です。

意外に多いのが南アフリカの人。中でも差別を受けていた黒人ではなくヨーロピアン系の人たち。治安の悪さが不安でニュージーランドに移民する人が多いようです。初めて借りた家のオーナーやその並びの家に住んでいた子どもの同級生、娘が初めて仲良くなった子が南アフリカから来た人だちでした。それまでに南アフリカとは全く接点がなかったのに、いきなり身近に現れて驚いたのを覚えています。

中国人は日常生活で世話になってます。彼らが経営するスーパー、通称チャイマ(チャイニーズマーケットの略)は、ニュージーランドの大手スーパーではあまり売っていない白菜や大根といったの日本人には馴染みのある野菜、豆腐、豊富な種類の米などを取り扱っているので、よく買い物に行くんです。

さいごに

オークランドでは様々な国の人が暮らしているのでマイノリティな感じがしない感覚とか、ウェリントンには非ヨーロピアン系が少ないといった聞いている話が、このデータを見る限りはうなずける。

20年後のオークランドやニュージーランドはどうなるんだろう。200年くらい前にはヨーロピアン系の人がいなかった国が、いつしか世間の印象ではニュージーランドと聞けばヨーロピアンにルーツがある人を思い浮かべるようになった。それが今では、オークランドでは必ずしもそうじゃなくなってきている。

ここ数年は移民を減らす傾向にあるニュージーランドだけど、私が老後を迎える20年後のオークランドはどうなっているんだろうか。ひょっとしたらヨーロピアン系の人が多数派じゃない都市になるのかな。日本人ももっと増えてほしいな。

ABOUT ME
やすたた
やすたた
40歳過ぎてから子ども3人連れてニュージーランドに移住。約5年かけて永住権取得。 長い間ぼんやりと頭の片隅にあった想いを実現したくてオンラインの世界へ。
ブログランキング参加中

みなさんのクリックがブログ運営の励みになります

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ にほんブログ村 家族ブログ 主夫へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代の生き方へ PVアクセスランキング にほんブログ村