ニュージーランド暮らし

やっぱりいらないサマータイム 意外な解決策

またこの時期が近づいてきた。サマータイム(夏時間)開始にあたっての時間の調整。

たかが1時間の違いなんだけど、慣れるまでにやっぱり数日かかる。眠くなったり何となく体がだるかったり。単なる年齢的な問題なのかな。若いころはひと晩中遊んでも次の睡眠で回復したてから。

そこでふとした疑問

やすたた
やすたた
そもそもニュージーランドの人たちはサマータイムに賛成なんだろうか?

私はいらないと思っているけど、そもそもニュージーランドの人たちはどう思っているのか。サマータイムの詳しいことや彼らがどう考えているのかを調べてみたら「なんで今まで気づかなかったんだろう」という、私にとっては意外な解決策に出会いました。

この記事では

  • サマータイムの詳細
  • ニュージーランドの人たちはサマータイムに賛成か反対か
  • サマータイムの意外な解決策

を紹介します。

サマータイムってこんな制度

サマータイム(夏時間)。ニュージーランドでは Daylight Saving Time (DST) と呼ばれています。

現在のサマータイムの概要

それぞれ以下の日時に時間が切り替わります。なるべく影響を受ける人が少ないようにするためです。

DST 切り替え日時 日本との時差
開始 9月最終日曜日の午前2時

時計の針を1時間進める

4時間
終了 4月第一日曜日の午前2時

時計の針を1時間戻す

3時間

でも影響を受ける人はゼロじゃないですよね。

やすたた
やすたた
例えば、その日の午前0時から午前8時まで働いている人たちの労働時間はどう扱われるの?
www.govt.nz
www.govt.nz
労働時間が1時間短くなるDST開始時は、そのまま一日働いたことになります。逆に労働時間が1時間長くなるDST終了時は、余計に働いた1時間分の賃金を受け取れます

ニュージーランドのサマータイムの歴史

これまでに実施、改正、廃止などを繰り返して現在の制度に至っています。大まかには

1927年 DST が初めて導入される。何年か日数や時間が何度か変更される
1946年 DST 廃止。それまでの夏時間がニュージーランドの標準時間(世界標準+12時間)となる
1974-75年 試験的に再度 DST を始めてからあらためて採用
2006-07年 現行の制度となる

初めて DST が施行されてから90年ちょっと。けっこう前に始まったんだなという印象。

ニュージーランドの人たちは賛成、反対どっちなの?

ニュージーランド人の友人が少なく(涙、今は家にこもりがちなこともありインターネットで調べてみました。

賛成派、反対派それぞれの声

賛成 50.7%(現状維持)/ 反対(夏時間を標準時とする)49.3%
参照元 stuff

この調査結果だと半々。でも参照元のページ下部にある読者のコメントを見ると、反対している人の意見が多い気がする

賛成派の声

  • 21時にデッキで夕食なんてサイコー
  • 時計の針を信じ込んじゃうタイプなので影響ない。暮らしの一部となっていてDSTの開始で夏の訪れを感じる
  • 夏の長い夜大好き。年に1回1時間早く起きるのなんてどうってことない

反対派の声

  • 一般的に一年中同じ時間のほうが体には良い
  • 時間を操らないほうがいい。地球環境にも影響がある
  • 夏時間を標準時にして冬も遅くまで明るいほうがいい

意外な解決策

リンク先 のコメントにいくつもあった意見。夏時間(日本との時差4時間、世界標準時+13時間)をニュージーランドの標準時間にすればいいのか。そうすれば夏の楽しみはそのままで、夏時間と冬時間の切り替えに伴う体への負担などいろいろな悪影響はない。

確かにそうだ。全然このことに気づいてなかった(私だけ?)。なんでわざわざ年に2回時間を切り替えるのか。問題は夏時間がどうこうではなくて、夏時間と冬時間の切り替え時にかかる負担なんだ。時間さえ変えなければこの問題は起こらないじゃないか。

私が「サマータイムいらない」と思うのも切り替わるときの体への負担。時間が変わらなきゃ全く影響ないんだから標準時間を変更すれば済む話なんだ。夜が長いからと言って何をするわけでもないし、日本との時差が少ないほうがいいので、冬時間(日本との時差3時間、世界標準時+12時間)をニュージーランドの標準時間にしてほしいな。

世界の傾向からニュージーランドを考えてみる

世界的には、サマータイムを廃止する/した国のほうが多いよう例えば、EUでは思ったほどの省エネ効果が得られない、体に及ぼす影響への懸念から廃止に向かっているらしい(ウィキペディア

もしEUで廃止されれば、その流れでニュージーランドでもいずれなくなるかもな。それなりの割合の人たちが反対しているようだし。

こう期待する理由は、ニュージーランドはルールを変えるときにスパっと変えるから。クライストチャーチのテロを受けて銃規制の法律が短い時間で改正されたのはいい例。

さいごに

夏時間と冬時間の切り替えさえなくせば万事解決?な気がするんだけどな。国の標準時を変える影響の大きさや政治的な思惑については分からないけど。

2020年には大麻の個人的利用の是非を問う国民投票があるニュージーランド。生活に直結するサマータイムも同じように賛否を聞いてほしいな。

こちらの関連記事 サマータイムなど 移住して気づいた要らないアレコレ もどうぞ

サマータイムなど 移住して気づいた要らないアレコレニュージーランドへの移住前に新しい生活を想像してはワクワクしていました。特に日本では経験したことがないことには強く憧れました。サマータイムや広い芝生のある庭とか。しかし実際に暮らしてみると、それらの憧れは不便だから要らないモノに変わることもあります。この記事ではサマータイムをはじめ、今となっては要らないと感じるようになったアレコレを紹介します。...
ABOUT ME
やすたた
やすたた
40歳過ぎてから子ども3人連れてニュージーランドに移住。約5年かけて永住権取得。 長い間ぼんやりと頭の片隅にあった想いを実現したくてオンラインの世界へ。
ブログランキング参加中

みなさんのクリックがブログ運営の励みになります

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ にほんブログ村 家族ブログ 主夫へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代の生き方へ PVアクセスランキング にほんブログ村