ニュージーランド暮らし

海外在住 どうする?子どもの日本語教育

これから海外移住しようと考えている人は、自分自身や子どもが英語(現地の言葉)をどう身につけたらいいかと気になっても、子どもの日本語教育のことは忘れがちじゃないでしょうか。もしくは、家では日本語を話しているから大丈夫でしょ、って考えているかもしれませんね。

でも、それちょっと危険かも。

すでに海外で暮らしている人にとっても、言葉の問題はずっとついてくるもの。大人にとっての悩みの種は英語で、子どもが抱える問題は日本語、というのが多くの家庭での共通の悩みじゃないでしょうか。

我が家の場合、移住当初の子どもたちの年齢は13、11、6歳でした。上の二人は会話だけでなく読み書きもできますし、そもそも親が何を言っても耳を傾けない年齢なので、半ばあきらめました

しかし6歳の息子は、小学校を1か月通っただけなので、学校に入ってから習うことはできませんでした。当時はまだ親の意見を素直に聞く年齢だったのは幸いです。この先どうなるか分からないし、日本で生まれ育ったし、日本の文化や歴史を理解してほしいし、などなどいろんな理由から、日本語教育をしっかりしなきゃ、と考えています。

これを読めばわかる、見えてくる
  • ツイッターで募集した色々な家庭の日本語教育への考え
  • 海外での日本の教科書配布について
  • 我が家の日本語勉強方法を紹介
  • オークランドの補習校など日本語学習サポート

どうして日本語を勉強しないといけないのか

まず、そもそもどうして外国で暮らしながら日本語を勉強しなければならないのか。

子どもからの鋭い質問に感心しました:
「どうして『日本に帰らない』と言ってるのに日本語を勉強しないといけないのか」

当時はまだ私が学校に通っているころだったので、私の回答は「そうは思っていても帰らなきゃいけないことになるかもしれないし、海外にいたって日本人なんだから日本語ができるのは当たり前」。こういうときに諭すように言い聞かせられるといいんだけどな。。。

そこで、他の人はどう考えているのかツイッターで聞いてみました。

コミュニケーションが取れればいい、周りの人との関わり、自己のアイデンティティーなど家庭ごとに考えがあり、正解、不正解を求めるものじゃない。大切なのは、子どもが親の考えを理解できるように話す機会を設ける、かな。

具体的にどんな意見が寄せられたかはこちらから

無料でもらえる日本の教科書

日本で暮らしていれば、学校に行けば教科書を無料でもらえますね。

じゃあ日本を離れたら教科書は手に入らないんでしょうか。

安心してください。海外で暮らしていても義務教育までの教科書を無料でもらえます。国語だけでなく、算数、社会、理科、道徳など全て。私が暮らすオークランドでは、領事館での申し込みと受け取りです。

半年前の申し込みや、在留届の提出などいくつか条件があります。詳細は領事館のページをチェックしてください。

それにしても日本の教科書ってすごい金かかってますよ、きっと。日本で暮らしていたときは全然気づかなかった。立派な紙、きれいな写真、丁寧な製本。ちょっと金かけすぎじゃない?ニュージーランドの教科書がとても簡素に見えるけど、それで充分じゃないかと思う。

家で日本語を話すだけでは足りないのか

冒頭で、家で日本語を話しているだけでは危険かも、と言いました。どの程度の日本語を求めるかにもよりますけど、「会話だけでなく読み書きもできるように」となると家庭での会話だけでは足りません。

英語でも同じですよね。会話の練習だけでは読み書きができるようになるわけじゃないし、逆に読み書き文法の勉強ばかりしても会話は上達しません。

読み書きも含めて日本語力を維持するとなると会話以外の勉強も必要です。

どうやって勉強しているのか

我が家の取り組み

領事館でもらった教科書、自宅にある本、日本から送ってもらったドリルを使っています。

教科書を音読したり、設問に沿ってディスカッションをしたり。漢字はドリルも併用してます。

教科書ばかりでは飽きてしまうので、ときには読書好きの息子の好きそうな本の音読も取り入れいます。

下のツイートにあるように、妻が用意している課題(上の写真が一例)を毎日少しずつでもやっています。ときに楽しそうに、ときには泣きながら(笑

息子の勉強の面倒は、95%妻が世話してくれています。私は「たまに休ませてやってもいいじゃんない?」と言うと、彼女いわく「語学の勉強は毎日の積み重ねが大事。だから毎日やらなきゃいけない」と。

そのおかげで息子は、漢字の読み書きもボチボチできます。

 オークランドの日本語補習学校

オークランドにいくつか日本語学校を見つけました。勉強に加えて、家族との会話ばかりではなく同年齢の子ども同士での会話も必要かもしれませんね。また、行事を通して日本の文化や習慣を学ぶのもいい機会でしょう。

オークランド日本語補習学校

ワイタケレ日本語補習校

Japan Kauri Education Trust

意外な盲点 日本語学習アプリ

英語の勉強にアプリを活用するのと同様に、日本語でも使えるのあるかな、とiOS用のアプリを調べてみました。興味のある人は、リンクをクリックしてみてください。

日本語クイズ (JLPT N1-N5)

Japanese

nemo 日本語

さいごに

ツイッターでもらった意見からわかるように、各家庭においてそれぞれの考えがあって、「こうあるべき」と決めつける問題ではないんですよね。

子どもがどうしたらいいのか迷わないように、家庭内で考えを共有するのが大事。

という考えに至る。

ABOUT ME
やすたた
やすたた
40歳過ぎてから子ども3人連れてニュージーランドに移住。約5年かけて永住権取得。 長い間ぼんやりと頭の片隅にあった想いを実現したくてオンラインの世界へ。
ブログランキング参加中

みなさんのクリックがブログ運営の励みになります

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ にほんブログ村 家族ブログ 主夫へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代の生き方へ PVアクセスランキング にほんブログ村