MENU
ニュージーランド暮らし

ニュージーランド暮らし6年目 子どもたちのバイリンガル度合い

子どもを連れて海外への教育移住する理由の一つ、英語の習得。できることならバイリンガルになって、日本だけでなく世界中で生きていける能力を子どもに与えてたい親の願いがあるでしょう。

しかし海外で暮らすと気づきますが、子どもの場合は英語の習得よりも日本語をどれだけ維持、伸ばすかの方が大変です。周りの友人からも同じような話をよく聞きます。日本語はもうあきらめたと言っている人さえいます。

例えば、我が家の3人の子どもたちのニュージーランド移住当時の年齢は、13、11、6才。3人とも「日常生活において英語で困ることはない」と言ってます。じゃあ日本語はどうなのかと親の目線で考えると三者三様。

そこでこの記事は、ニュージーランド生活6年目の子ども3人がどの程度日本語と英語ができるのか。私から見た子どもたちのバイリンガル度合いを紹介します。

3人ともバイリンガルか

何年も海外で生活していると、家での子ども同士の会話は英語という家庭は少なくありません。しかし、うちの子どもたちの会話は、家の中でもほとんど日本語です。3人ともオンラインで日本のコンテンツを観たり、日本語の漫画もしょっちゅう読んでます。家庭内はどっぷり日本語環境です。でも学校では日本語を話す機会は全くない。

では、そんな3人それぞれの日本語と英語はどれくらいなのか。。。

日本語と英語で家庭教師をする大学生

現在の年齢18才
日本語読み書き、会話ともに標準レベル。本人は、敬語を使う機会が少ないのでその点が不安なようだけど、日本で暮らす18才に引けを取らない。
英語大学の講義も含めて日常生活で不自由はない。高校時代は複数科目で校内トップ。永住権申請用のIELTSはほんの数時間の勉強で6.5を取得。ただしスピードを求められるような試験では、どうしてもネイティブのようにはいかない。
総評小さいころからの読書好きで、ある程度日本語が固まってから移住したので、ニュージーランドで特に日本語の勉強はしてないけどしっかりと日本語を使える。日本語と英語両方で塾講師や家庭教師をしているし(相手の国籍は問わず)、大学での勉強が楽しいそうなので英語の心配もさほどしていない。

ニュージーランド生まれなの?な高校生

現在の年齢16才
日本語お世辞でも「問題なし」とは言えない。会話はできるけど読み書きはちょっと怪しい。英語ができない移住当初は、日本語の勉強の方が楽だったようだけど、英語ができるようになるにつれて日本語の勉強はしなくなった。もし日本で暮らすことになったら危険な水域。
英語発音はバリバリの kiwi English。先生にもニュージーランド生まれかと間違われるほど。ESOL (English to Speakers of Other Languages) にほとんど参加せず英語を習得。移住当初は毎日日記を書いてネイティブの友だちに添削してもらっていた。耳がいいので友だちとの会話や音楽から音で英語を身につけた。
総評英語の授業もパスしているので標準レベルなんだろう。会話は、友だち同士の会話を聞いている限りは問題ない。今後、日本語の勉強はよっぽどのことがない限りしないだろう。その代わりに韓国語を勉強したいらしい。耳のいい彼女のことだから、会話ならすぐにできるようになるだろう。興味があることに注力すればいい。

日本語もがんばっている小学生

現在の年齢11才
日本語会話、漢字を含めた読み書きも年相応。毎日日本の教科書で国語だけでなく算数や歴史も勉強しているおかげ。読書が大好き。まだ親の言うことを聞く年齢なことが幸い。
英語直近の成績だと、読みは平均以上、書くのは平均レベル。会話も問題なし。学校から配信される授業の様子では、自分で調べて作ったレポートを上手にプレゼン。ただ話すだけじゃなくて、堂々とかつ理路整然と話しているのが印象的。去年は、先生と生徒それぞれから選ばれる各賞をダブル受賞。今年はクラスの代表をやっている。ABCすら知らなかったころが懐かしい。
総評3人の中では一番小さいとき、小学校に入ったばかりのころに移住した。ニュージーランドに来てから日本語の勉強をしていなかったら、今ごろは日本語のワンピースやコナンを読めないだろう。日本語でも英語でも読むのがものすごく速く、内容もしっかり理解している。日本語、英語どちらのジョークでも笑える。ESOLや友だちとの会話を通して英語を身につけてきた。

 気づいたこと

  1. 3人とも日常生活を通して英語を身につけている。私を含めて大人が、英語学習に「あのアプリがいい、このアプリがいい」と言っているのが滑稽に思えてくる。
  2. 耳の良さは言語習得に役立つ。娘2は、東京から滋賀に越したさいにも、気づいたら数か月後には関西弁を話していた。彼女を見て語学学習に耳の良し悪しは関係すると確信。
  3. 英語については、親がしっかりとした言葉遣いを教えられないのは今後の気がかり。

さいごに

ニュージーランドに来たばかりのころは、テレビを観て私や妻に「なんて言ってるの?」とよく聞いていた子どもたち。それが今では全く逆。

今後彼女たちの人生でどれだけ日本語が必要になるのかはわからない。永住権を取ったからといってこのままニュージーランドで暮らし続けるのか、日本に帰ることになるのかは分からない。でも日本人である以上「100%日本語を使わない」とはならないだろう。

日本語はすっかり忘れてしまった、とだけはならないでほしい。

海外在住 どうする?子どもの日本語教育海外での子育てで子どもの日本語教育をどうしたらいいのか?は、英語(現地の言葉)を学ぶこと同様に簡単ではありません。6歳で日本を離れた息子の日々の取り組みに加えて、ツイッターでもらったいろいろな家庭の考えを紹介。...

 

ABOUT ME
やすたた
やすたた
40歳過ぎてから子ども3人連れてニュージーランドに移住。約5年かけて永住権取得。 長い間ぼんやりと頭の片隅にあった想いを実現したくてオンラインの世界へ。
ブログランキング参加中

みなさんのクリックがブログ運営の励みになります

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へにほんブログ村 家族ブログ 主夫へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代の生き方へPVアクセスランキング にほんブログ村